*Google analyticsの検索キーワードがついになくなった?そんで対応した事

2015.1.12 0Comments Google analytics

2015年1月

オーガニック検索の場所が変わりました。

集客→キャンペーン→オーガニック検索。

 

f:id:artcube-yoshida:20150124152228p:plain

 

 

以下はオーガニック検索が消えてしまっていた時に対応したものですが、検索エンジン最適化のために検索クエリをウェブマスターツールを同期していた方がよろしいかとおもいます。

 

以前はオーガニック検索という項目だったが最近見当たらない。結局おなじような項目を探そうとも見つからない。Google analytics(アナリティクス)の検索キーワードがついになくなった。のか?

探せど出てこないので、しゃーないからマスターツールを見ている。昨年9月から仕様が変わったらしいのだが初心者の私には分かりやすい検索キーワードがないと困るわけ。

 

結論。(多分)

どーしよーもできないのでウェブマスターツールを使用して検索クエリで確認する他なくなった。これまでは「Googleで検索したキーワード」をオーガニック検索で確認できたけどGoogleの検索がSSLを採用してから困難になる。

 

ではウェブマスターツールの検索クエリとは?

オーガニック検索は検索したキーワードを取得して表示していたのに対して、クエリ検索はGoogleで検索されていたキーワードを軸にしてクリックやCTRを計った計測方法。

 

クライアントへの対応はどうする?

ウェブマスターツールと同期をして検索クエリを表示させてあげる方法か、あとは無料のアクセス解析を使うしか他ならないと思う。

 

ウェブマスターツールの検索クエリを同期する方法

まず常識的にウェブマスターツールにサイトを登録している事が条件。登録方法はググれば簡単に出てきますのでここでは省略。それを踏まえてアナリティクスの管理画面から「集客」→「検索エンジン最適化」→「検索クエリ」のページへ。ここの「共有機能の設定」をクリック。

f:id:artcube-yoshida:20150112193104p:plain

 

そうすると下記の画面が出てくるので「ウェブマスターツールの設定」の「編集」をクリックします。

f:id:artcube-yoshida:20150112193141j:plain

 

さらに登録してあるサイトURLを選択して保存をクリックします。

f:id:artcube-yoshida:20150112193435j:plain

 

そうすると、先ほどの編集って箇所にURLが登録された事を確認して保存をします。

f:id:artcube-yoshida:20150112193555j:plain

はい、これでアナリティスクで検索キーワードらしきもの検索クエリが確認できるようになります。

f:id:artcube-yoshida:20150112193910j:plain

 

以上だよん。