*ウェブページをコピ魔からある程度防ぐための方法

2014.12.21 0Comments WEBデザイン

今週から少し本気でやりはじめているアフィリエイトサイトの構築。結構手間ひまかけて、それなりにデザインにも工夫をしましたし情報収集にも時間がかかっています。

ただ作ったはいいもの不安にもなる要素が、このままソースをコピーされたらどうしようって。

 

では以下いろいろ調べた結果をメモです。

ただ完璧に守ることはできない事は先に書いておきます。m(_ _)m

 

bodyの中には下記のスクリプトを記入する。(アラートする方法は一般ユーザーにも負担がかかるので、さりげなく反応がないように見せます。)

ブラウザ上でテキストを選択させない。

<body onMouseDown=”return false;” onSelectStart=”return false” onContextmenu=’return false’>

 

ブラウザ上で右クリックで保存させない。

<body onMouseDown=”return false;” onSelectStart=”return false” onContextmenu=’return false’>

 

次にCSSへ下記のコードを記入する。

ブラウザ上でテキストを選択させない。

body{
user-select:none;
webkit-user-select:none;
-moz-user-select:none;
khtml-user-select:none;
webkit-user-drag:none;
khtml-user-drag:none;
}

 

とりあえずこれでブラウザ上から選択してCont+Uのショートカットでもコピーできなくなります。ひとまずこれで初級コピ魔から守れる。

 

■ウェブページを保存してもレイアウトを維持させない。

CSSはインポートさせる。

@import url(style.css);

 

 

■HTML、CSS、JSコードは圧縮させる。圧縮サイトの参考は(リソース(HTML、CSS、JavaScript)を圧縮する)が参考になる。

圧縮前はタグの文頭がわかりやすい。

f:id:artcube-yoshida:20141221182416j:plain

 

圧縮させてしまえば文頭文末がわかりにくくコピーしずらくなる。また処理速度が遅くなりコピ魔もイライラ。

f:id:artcube-yoshida:20141221182335j:plain

 

ひとまず、以上です。