*ADOBE Creative Cloudを学生割引で安く使用する方法

ADOBE Creative Cloudを学生割引で安く使用する方法

まずはじめに、以下の方法は2016年5月31日まで期間限定のやり方なので日付が過ぎている場合はご注意を!

個人でも法人でも問題のないやり方です。もちろん裏技でもなく正規のやり方で、とても簡単でしたでのメモっておきます。
もちろん私も申し込みましたよ!

はたしてどんだけ〜変わるのか!?

法人の場合は6,980円なので1年間で合計83,760円!
それが今回の方法でなんと!32,000円になります。51760円も節約できます!
Adobeを利用しているクリエイターさんなら絶対に利用すべき方法です。
51760円はでかい!私はハイブリッドに乗っているので年間のガソリン代ぐらいにもなります。

やりかたはいたって簡単です。
ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信を申し込みだけです。
3ヶ月といってもあくまでも講座だけなので、ADOBE Creative Cloudには1年間のライセンスがついてきます。

さらにすごいのは!12ヶ月後も更新できるのです。
ようするに2年目も申し込みする権利も一緒についてくるわけで、今申し込みしないとかなり大損!
間違えました!これはマスターパックのようです。220,371円の方なのであまりお得ではありません。

では具体的にADOBE Creative Cloudでどんな製品が使えるのかというと・・・

Photoshop
世界最高峰のプロフェッショナル画像編集ツール

After Effects
最先端のモーショングラフィックスとビジュアルエフェクト

Adobe Premiere Pro
映像編集を自由自在に

InDesign
印刷および電子出版のためのプロフェッショナルデザインツール

Illustrator
進化し続けるベクトルグラフィックツール

Dreamweaver
Webサイト構築、アプリデザインおよびコーディング

Adobe Muse
コード記述不要のWebサイトデザイン

Lightroom
撮影から仕上げまで。写真を極めるすべてがここに

Animate
マルチプラットフォーム対応のインタラクティブなアニメーション制作

以上の製品がすべて使えます!しかも
Illustrator単体でも2160円なので、Illustrator単体に申し込みするなんてもったいないですよね。そんなことしたらまったくの大損です。。。

利用するまでの流れ

まずはこの通信教育講座のAdobe 3ヶ月コースを申し込みします。

そうすると、1〜2週間ほどで学生証をAdobeの学生用シリアル番号入りカードが送付されます。おおよそ5営業日〜8営業日ほどかかるようなので事前に余裕をおもっていたほうがいいでしょう。

これが12ヶ月版メンバーシップ(学生、職員用)のダウンロードカードです。

このカードの裏面に削る箇所があり番号が記載されているので、記載されているURLがあるのでそのURLにアクセスして番号を入力して申し込みします。

以上です。とても簡単ですよね。解約料金のことも書きましたので必ず読んでから申し込みしてください。

ヒューマンアカデミー たのまな アドビソフトウェア通信

解約するときの注意点

AdobeのCCってプランによっては解約料金が発生します。
アカウント管理の画面で「更新月」を確認できますので、一度事前に確認を。
更新日がかかれますのでその日付の2、3日前に切り替えるのがお得です。

誤って解約するとこちらの画面のように解約料金を請求されることになるので要注意です。